砂田 充

連絡先
法政大学   経済学部
〒194-0298 東京都町田市相原町4342   アクセス   キャンパス
E-mail: mitsuru.sunada atmark hosei.ac.jp (atmarkを@に変えてください)

Home



職歴 学歴 学位論文:"Economic Studies on the Effects of Evolution of Information and Communications Technology."

査読付国際学術雑誌
  1. "Welfare Effects of Quality Change and New Products in the Japanese Mobile Telecommunications Market: 1995-2001,"   Economics of Innovation and New Technology, Vol. 14, Issue 8, pp. 715-733, November 2005.
  2. "Network Effects with Quality Change: An Empirical Analysis of the Japanese Mobile Telecommunications Market, 1995-2001,"   Managerial and Decision Economics, Vol. 29, Issue 8, pp. 657-674, December 2008.
  3. "Vertical Integration in the Japanese Movie Industry,"   Journal of Industry, Competition and Trade, Vol. 10, Number 2, pp.135-150, June 2010.
  4. "Measuring the Cost of Living Index, Output Growth, and Productivity Growth in the Retail Industry: An Application to Japan,"   Review of Income and Wealth, Vol. 56, Issue 4, pp. 667-692, December 2010.
  5. "Coverage Area Expansion, Customer Switching, and Household Profiles in the Japanese Broadband Access Market,"   Information Economics and Policy, Vol. 23, Issue 1, pp. 12-23, March 2011 (with Masato Noguchi, Hiroshi Ohashi, and Yosuke Okada).
  6. "Competition among Movie Theaters: An Empirical Investigation of the Toho-Subaru Antitrust Case,"   Journal of Cultural Economics, Vol. 36, Number 3, pp. 179-206, August 2012.
査読付日本語学術雑誌
  1. 「情報化の生産効果について調整費用を考慮した評価」 『日本経済研究』,No.47,pp.101-117,2003年3月.
ワーキング・ペーパー(英語)
  1. "A Simple Simulation Analysis of Network Industry: the Case of the Japanese Mobile Telecommunications Market,"   CPRC Discussion Paper Series, CPDP-23-E, August 2006.
  2. "Measurement of the Consumer Benefit of Competition in Retail Outlets"   RIETI Discussion Paper Series, 09-E-026, April 2009 (with Toshiyuki Matsuura).
ワーキング・ペーパー(日本語)
  1. 「インターネットアクセス市場の経済分析:インターネットと都市は代替的か?」   Keio University Market Quality Research Project Discussion Paper Series, DP2006-038,2007年3月.
  2. 「小売業における競争と消費者厚生の計測」   CPRC Discussion Paper Series, CPDP-40-J,2009年6月(共著:松浦寿幸).
その他の刊行論文
  1. 「日本の製造業の技術的効率性の計測〜『企業活動基本調査』による確率的フロンティア生産関数の推定〜」『経済統計研究』,第32巻,U号,pp.1-13,2004年10月(共著:中島隆信).
  2. 「情報通信技術の利用と賃金への影響」樋口美雄・慶應義塾大学経商連携21世紀COE編 『日本の家計行動のダイナミズム[I]―慶應義塾家計パネル調査の特性と居住・就業・賃金分析』 ,第8章,慶應義塾大学出版会,pp.199-222,2005年8月.
  3. 「90年代の経営戦略が雇用に与えた影響―リストラ・海外進出・IT化は何をもたらしたか」樋口美雄・児玉俊洋・阿部正浩編 『労働市場設計の経済分析―マッチング機能の強化に向けて』 ,第2章,東洋経済新報社,pp.51-84,2005年12月(共著:樋口美雄・松浦寿幸).
  4. 「入職経路はマッチング効率にどう影響するか―公共職業安定所と他の入職経路の比較」樋口美雄・児玉俊洋・阿部正浩編 『労働市場設計の経済分析―マッチング機能の強化に向けて』 ,第3章,東洋経済新報社,pp.87-143,2005年12月(共著:児玉俊洋・阿部正浩・樋口美雄・松浦寿幸).
  5. 「入札談合事件における落札率の計量経済分析」『公正取引』,No.668,pp.62-68,2006年6月(共著:鈴木淑子).
  6. 「ゲームソフトにおける再販売価格の拘束:ソニー・コンピュータエンタテインメント事件」 『独占禁止法の経済学:審判決の事例分析』 ,第8章,東京大学出版会,pp.177-196,2009年6月(共著:池田毅)
報告書
  1. 「『企業活動基本調査』にみるリストラクチャリング」『企業統計パネルデータを活用した国際化・企業間関係及び雇用関係に関する調査研究』第3章,機械工業経済研究報告書 H11委-2U,(財)機械振興協会経済研究所,2000年3月(共著:黒田昌裕).
  2. 「企業の情報化および人事組織変革の効果測定」『我が国企業の海外展開と雇用創出効果に関する調査研究』第2章,機械工業経済研究報告書,H12委-15,(財)機械振興協会経済研究所,2001年3月(共著:黒田昌裕・河井啓希).
  3. 「我が国製造業の技術的効率性の計測 ―『企業活動基本調査』個票資料による確率的生産フロンティア分析―」.『機械産業の構造変化に関する調査研究』第2章,機械工業経済研究報告書,H15-1-1A,(財)機械振興協会経済研究所,2004年3月(共著:中島隆信).
  4. 「ブロードバンド・アクセス市場の需要分析」競争政策研究センター共同研究報告書,CR-04-06,公正取引委員会競争政策研究センター,2006年9月(共著:岡田羊祐・大橋弘・野口正人).
  5. 「メディア・コンテンツ産業での競争の実態調査」競争政策研究センター共同研究報告書,CR-02-07,公正取引委員会競争政策研究センター,2007年7月(共著:田中辰雄・村上礼子・矢ア敬人・船越誠).
  6. 「小売・サービス業における局地的市場競争の経済分析−映画館を中心に−」競争政策研究センター共同研究報告書,CR-03-08,公正取引委員会競争政策研究センター,2008年11月(共著:岡本康利).
  7. 「双方向市場の経済分析」競争政策研究センター共同研究報告書,CR-02-10,公正取引委員会競争政策研究センター,2010年11月(共著:大橋弘).
競争的外部資金
  1. (財)大川情報通信基金研究助成,2011年3月-2012年3月.
  2. (独)日本学術振興会科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金):若手研究(B),2011年4月-2014年3月.
  3. (独)日本学術振興会科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金):若手研究(B),2014年4月-2018年3月(採択).
研究報告
2002 日本経済学会(秋:広島大学)
2003 日本経済学会(春:大分大学),日本銀行,日本経済学会(秋:明治大学)
2004 APPC2004(Univ. of Queensland),日本経済学会(秋:岡山大学)
2006 IIOC2006(Northeastern Univ.),日本経済学会(春:福島大学),日本経済学会(秋:大阪市立大学),欧州委員会
2007 青山学院大学,EARIE2007(Univ. of Valencia),日本経済学会(秋:日本大学)
2008 関西社会経済研究所, 日本経済学会(秋:近畿大学), CLEA2008(Univ. of Toronto),一橋大学
2009 関西学院大学, IIOC2009(Northeastern Univ.),九州大学,日本大学,東北大学
2010 横浜国立大学,慶應義塾大学
2011 AsLEA2011(Univ. of Hong Kong),EARIE2011(KTH & SSE)
2012 関西学院大学,延世大学校,慶應義塾大学,EARIE2012(LUISS & Univ. of Rome Tor Vergata),CLEA2012(Univ. of Toronto),名古屋大学,日本生産性本部
2013 富山大学,ISNIE2013(Univ. of Florence)
2015 横浜市立大学

学術雑誌レフェリー
Economics of Innovation and New Technology (2), Information Economics and Policy, Review of Income and Wealth.

inserted by FC2 system