砂田 充

連絡先
法政大学   経済学部
〒194-0298 東京都町田市相原町4342   アクセス   キャンパス
E-mail: mitsuru.sunada atmark hosei.ac.jp (atmarkを@に変えてください)

Home



職歴 学歴 学位論文:"Economic Studies on the Effects of Evolution of Information and Communications Technology."

査読付国際学術雑誌
  1. "Welfare Effects of Quality Change and New Products in the Japanese Mobile Telecommunications Market: 1995-2001,"   Economics of Innovation and New Technology, Vol. 14, Issue 8, pp. 715-733, November 2005.
  2. "Network Effects with Quality Change: An Empirical Analysis of the Japanese Mobile Telecommunications Market, 1995-2001,"   Managerial and Decision Economics, Vol. 29, Issue 8, pp. 657-674, December 2008.
  3. "Vertical Integration in the Japanese Movie Industry,"   Journal of Industry, Competition and Trade, Vol. 10, Number 2, pp.135-150, June 2010.
  4. "Measuring the Cost of Living Index, Output Growth, and Productivity Growth in the Retail Industry: An Application to Japan,"   Review of Income and Wealth, Vol. 56, Issue 4, pp. 667-692, December 2010.
  5. "Coverage Area Expansion, Customer Switching, and Household Profiles in the Japanese Broadband Access Market,"   Information Economics and Policy, Vol. 23, Issue 1, pp. 12-23, March 2011 (with Masato Noguchi, Hiroshi Ohashi, and Yosuke Okada).
  6. "Competition among Movie Theaters: An Empirical Investigation of the Toho-Subaru Antitrust Case,"   Journal of Cultural Economics, Vol. 36, Number 3, pp. 179-206, August 2012.
査読付日本語学術雑誌
  1. 「情報化の生産効果について調整費用を考慮した評価」 『日本経済研究』,No.47,pp.101-117,2003年3月.
ワーキング・ペーパー(英語)
  1. "A Simple Simulation Analysis of Network Industry: the Case of the Japanese Mobile Telecommunications Market,"   CPRC Discussion Paper Series, CPDP-23-E, August 2006.
  2. "Measurement of the Consumer Benefit of Competition in Retail Outlets"   RIETI Discussion Paper Series, 09-E-026, April 2009 (with Toshiyuki Matsuura).
ワーキング・ペーパー(日本語)
  1. 「インターネットアクセス市場の経済分析:インターネットと都市は代替的か?」   Keio University Market Quality Research Project Discussion Paper Series, DP2006-038,2007年3月.
  2. 「小売業における競争と消費者厚生の計測」   CPRC Discussion Paper Series, CPDP-40-J,2009年6月(共著:松浦寿幸).
その他の刊行論文
  1. 「日本の製造業の技術的効率性の計測〜『企業活動基本調査』による確率的フロンティア生産関数の推定〜」『経済統計研究』,第32巻,U号,pp.1-13,2004年10月(共著:中島隆信).
  2. 「情報通信技術の利用と賃金への影響」樋口美雄・慶應義塾大学経商連携21世紀COE編 『日本の家計行動のダイナミズム[I]―慶應義塾家計パネル調査の特性と居住・就業・賃金分析』 ,第8章,慶應義塾大学出版会,pp.199-222,2005年8月.
  3. 「90年代の経営戦略が雇用に与えた影響―リストラ・海外進出・IT化は何をもたらしたか」樋口美雄・児玉俊洋・阿部正浩編 『労働市場設計の経済分析―マッチング機能の強化に向けて』 ,第2章,東洋経済新報社,pp.51-84,2005年12月(共著:樋口美雄・松浦寿幸).
  4. 「入職経路はマッチング効率にどう影響するか―公共職業安定所と他の入職経路の比較」樋口美雄・児玉俊洋・阿部正浩編 『労働市場設計の経済分析―マッチング機能の強化に向けて』 ,第3章,東洋経済新報社,pp.87-143,2005年12月(共著:児玉俊洋・阿部正浩・樋口美雄・松浦寿幸).
  5. 「入札談合事件における落札率の計量経済分析」『公正取引』,No.668,pp.62-68,2006年6月(共著:鈴木淑子).
  6. 「ゲームソフトにおける再販売価格の拘束:ソニー・コンピュータエンタテインメント事件」 『独占禁止法の経済学:審判決の事例分析』 ,第8章,東京大学出版会,pp.177-196,2009年6月(共著:池田毅)
報告書
  1. 「『企業活動基本調査』にみるリストラクチャリング」『企業統計パネルデータを活用した国際化・企業間関係及び雇用関係に関する調査研究』第3章,機械工業経済研究報告書 H11委-2U,(財)機械振興協会経済研究所,2000年3月(共著:黒田昌裕).
  2. 「企業の情報化および人事組織変革の効果測定」『我が国企業の海外展開と雇用創出効果に関する調査研究』第2章,機械工業経済研究報告書,H12委-15,(財)機械振興協会経済研究所,2001年3月(共著:黒田昌裕・河井啓希).
  3. 「我が国製造業の技術的効率性の計測 ―『企業活動基本調査』個票資料による確率的生産フロンティア分析―」.『機械産業の構造変化に関する調査研究』第2章,機械工業経済研究報告書,H15-1-1A,(財)機械振興協会経済研究所,2004年3月(共著:中島隆信).
  4. 「ブロードバンド・アクセス市場の需要分析」競争政策研究センター共同研究報告書,CR-04-06,公正取引委員会競争政策研究センター,2006年9月(共著:岡田羊祐・大橋弘・野口正人).
  5. 「メディア・コンテンツ産業での競争の実態調査」競争政策研究センター共同研究報告書,CR-02-07,公正取引委員会競争政策研究センター,2007年7月(共著:田中辰雄・村上礼子・矢ア敬人・船越誠).
  6. 「小売・サービス業における局地的市場競争の経済分析−映画館を中心に−」競争政策研究センター共同研究報告書,CR-03-08,公正取引委員会競争政策研究センター,2008年11月(共著:岡本康利).
  7. 「双方向市場の経済分析」競争政策研究センター共同研究報告書,CR-02-10,公正取引委員会競争政策研究センター,2010年11月(共著:大橋弘).
競争的外部資金
  1. (財)大川情報通信基金研究助成,2011年3月-2012年3月.
  2. (独)日本学術振興会科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金):若手研究(B),2011年4月-2014年3月.
  3. (独)日本学術振興会科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金):若手研究(B),2014年4月-2018年3月(採択).
研究報告
2002 日本経済学会(秋:広島大学)
2003 日本経済学会(春:大分大学),日本銀行,日本経済学会(秋:明治大学)
2004 APPC2004(Univ. of Queensland),日本経済学会(秋:岡山大学)
2006 IIOC2006(Northeastern Univ.),日本経済学会(春:福島大学),日本経済学会(秋:大阪市立大学),欧州委員会
2007 青山学院大学,EARIE2007(Univ. of Valencia),日本経済学会(秋:日本大学)
2008 関西社会経済研究所, 日本経済学会(秋:近畿大学), CLEA2008(Univ. of Toronto),一橋大学
2009 関西学院大学, IIOC2009(Northeastern Univ.),九州大学,日本大学,東北大学
2010 横浜国立大学,慶應義塾大学
2011 AsLEA2011(Univ. of Hong Kong),EARIE2011(KTH & SSE)
2012 関西学院大学,延世大学校,慶應義塾大学,EARIE2012(LUISS & Univ. of Rome Tor Vergata),CLEA2012(Univ. of Toronto),名古屋大学,日本生産性本部
2013 富山大学,ISNIE2013(Univ. of Florence)

学術雑誌レフェリー
Economics of Innovation and New Technology (2), Information Economics and Policy, Review of Income and Wealth.

inserted by FC2 system